大手町さくらクリニック

1)高濃度ビタミンC点滴療法

濃度ビタミンC点滴療法は、目的によって用量、頻度が異なります。
1)がん治療の場合
2)アンチエイジング、がん予防などの場合

2)マイヤーズカクテル

マイヤーズカクテルは米国自然療法医の定番です。
人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンやミネラルだけの点滴療法で、気管支喘息、偏頭痛発作、慢性疲労症候群、線維筋痛症などさまざまな疾病に有効です。

3)グルタチオン療法

パーキンソン病の点滴療法で、南フロリダ大学では臨床研究が行われています。

4)アルファリポ酸点滴療法

αリポ酸は、生体のエネルギー産生反応おける補酵素として働くとともに、優れた抗酸化物質です。臨床では以下糖尿病性神経障害の治療に使用されています。

1:糖尿病性神経障害
2:慢性肝炎・肝硬変(Berkson ALAプロトコール)
3:悪性腫瘍(IVC-ALA-LDN Cancer Protocol)