大手町さくらクリニック

当院では、人間ドック、健康診断、ともに全ての判定を専門医が行っております。

胸部XP・胃透視など

放射線読影専門医2名による二重読影

足立雅樹Dr
(埼玉医科大学病院・健康管理センター准教授)
清水正雄Dr
(埼玉医科大学病院・健康管理センター)
田島佳子Dr
(聖マリアンナ医科大学病院・放射線科講師)  

マンモグラフィー

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の読影認定医2名による二重読影

田島信哉Dr(聖マリアンヌ医科大学病院)
西山寿子Dr(院長)

ABUS(乳房用自動超音波画像診断装置)

吉田美和Dr
(昭和大学江東豊洲病院ブレストクリニック・講師)
榎戸克年Dr
(昭和大学江東豊洲病院ブレストクリニック・助教)

眼底検査の判定

吉野乃里子Dr
(駿河台日本大学病院眼科出身)

また、以下の検査も専門の資格を持った女性技師が担当しています。

超音波

超音波検査士
(腹部領域・表在臓器)、(心臓)

マンモグラフィ撮影

検診マンモグラフィ撮影技術認定および精度管理認定技師

各検査・健診について

人間ドック

コース 内容
生活習慣病コース   基本項目+頸動脈エコー+血圧脈波(CAVI)
標準コース  基本項目+腫瘍マーカー7~8
乳がん検診コース各種 マンモグラフィ(デジタル)、乳腺エコー、触診
子宮がん検診コース各種 子宮頚部細胞診、経膣エコー、HPV検査
その他のがん検診コース 肺がん・胃がん・大腸がん・肝がん・膵がん・前立腺がん
アンチエイジングドック 筋年齢、骨年齢、ホルモン年齢、神経年齢、血管年齢 

※当院では、マンモグラフィ、乳腺エコー、子宮頸部細胞診、経膣エコーの検査は、女性の検査技師、 女医が担当いたします。

乳がん検診コース・子宮がん検診コース

検査項目 ヤングコース レディースコース フルレディースコース
マンモグラフィ
(デジタル)
 
乳腺エコー
乳房触診
子宮頸部細胞診
経膣エコー  
HPV検査    
料金 10,800 20,040 26,520

※乳がん検診、子宮がん検診は御希望の検査項目だけを付け加えることもできます。詳しくはご相談ください。

※当院では、マンモグラフィ、乳腺エコー、子宮頸部細胞診、経膣エコーの検査は、女性の検査技師、女医が担当いたします。

企業健診

法定健康診断
一般健康診断
雇入時の健康診断
定期健康診断
特定業務従事者の健康診断
海外派遣労働者の健康診断
労災保険の二次健康診断
給食従業員の検便
特殊健康診断
塵肺健康診断
石綿健康診断
電離放射線健康診断
有機溶剤健康診断
特定化学物質健康診断
鉛健康診断

江東区健診

当院では各種の江東区健診を受診できます。(6月~2月)

●健康診査
月~金の午前、第2・4土曜午前  
●大腸がん検診
随時
●乳がん検診
月~金の午前、第2・4土曜午前
●子宮がん検診
月曜午前午後、水曜午前、第2・4土曜午前
●前立腺がん検診
月~金の午前

予約制となっておりますので、お電話にてお問い合わせください。

※乳がん検診・子宮がん検診は放射線技師も医師も全て女性です。

認知機能検査について

認知機能について

年齢と共に、私たちの認知機能が低下していくことは自然な現象です。 しかし、多くの一般的な疾病や状態からも同様に認知機能の低下が認められることがあるため、それが年齢に応じた自然な現象なのか、あるいはご自身の疾病に起因するものであるのかを正確に判別できることが非常に重要です。

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)

軽度認知障害(MCI)の原因としては多くの要因があげられますが、ほとんどのケースにおいて治療可能とされています。その内、甲状腺疾患、ビタミン欠乏症、睡眠障害、医薬品、不摂生に伴う糖尿病などの生活習慣病、あるいはアルコール・薬物乱用が最も一般的なものです。早期に発見されれば治療がより効果的とされています。
最も重篤な軽度認知障害(MCI)の原因としては、血管障害、早期アルツハイマー病などがあげられます。

認知症

認知症の大多数の診断はアルツハイマー病関連症状と呼ばれるものです。約60%の認知症はアルツハイマー病が原因で、20%は血管障害によるものとされています。ごくわずかのケースではパーキンソン病、レビー小体病、前頭葉認知症などが原因としてあげられます。アルツハイマー病関連症状の治療は早期の介入が大きなカギとなり、早期に治療が開始される場合、非常に有効とされています。

認知症の原因は?

ひと口に認知症といっても、様々な原因となる病気が進行して発症します。
その代表が「アルツハイマー病」と「レビー小体型認知症」、「脳血管性認知症」の3つです。大脳を覆っている"大脳皮質"の細胞が壊れるのが「アルツハイマー病」と「レビー小体型認知症」で、その奥の"大脳白質"が壊れるのが「脳血管性認知症」です。
いずれも、老化現象とも言えるほどじわじわと進行する脳内の病変です。特に、このうちの2つ、または3つすべてが重複して生じると、認知症の発症が早まります。

原因別の検査を受けるには?

1:脳梗塞の発症リスクを知る検査が有ります。
●血液検査で変性LDLとLOX-1を検査。

詳細はこちら

2:アミロイドベータペプチドに関連する血液中の特定蛋白質を調べる検査が有ります。

詳細はこちら