大手町さくらクリニック

乳がん検診の受け方

あなたの乳腺濃度は?

乳がん検診としてマンモグラフィは世界的にも信頼性が高い検査方法ですが、受診者の乳腺濃度によっては「マンモグラフィで見つからない乳がん」があります。
ご自身の「乳腺濃度」をご存じですか?

通常乳腺は加齢とともに脂肪に変わり、病変(白く映る)は探しやすくなります。しかし、50歳未満のアジア人の4/5は乳腺濃度が高い「高濃度乳腺」と言われています。
「高濃度乳腺」の方は、乳がんを示す石灰化も白く映るので重なって見つけにくくなります。

そこで、乳がん検診学会では、Japan Strategic Anti-cancer Randomized Trial:J-STARTを行い、40歳代に超音波検査を上乗せすることによって乳がんの発見率が大きく上昇することを示しました。

40歳以上の方は一度マンモグラフィ検査を受け、ご自身の乳腺濃度を確かめてください。

高濃度乳腺と言われたら

乳腺超音波検査を追加することをお勧めします。
乳腺超音波検査には、ハンドヘルドの超音波検査と自動超音波画像診断装置(ABUS)があります。

乳腺エコーに、精度の標準化を可能にした装置(ABUS)ができました。

乳房全体をコピーのように撮影し、様々な方向から乳房内を検索します。 判定は乳腺外科専門医が行います。
過去画像とも比較することができ、微小な病変の発見にも役立ちます。

>>詳細はこちら


*写真提供:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

ハンドヘルドの超音波検査では

ABUSで見つかった所見をさらに詳しく検査します。
通常のエコーのほかに、カラー(血流の有無の確認)、エラストグラフィ(組織の硬さを反映した画像)、コントラストエコー(カラードプラでは捉えられない詳細な血流情報を 超音波造影剤を用いて画像化)などができます。

>>詳細はこちら

当院がお勧めする乳がん検診の受け方

40歳未満

40歳以上

アフターフォロー

●当院では、紹介状の必要な専門病院へ、画像(CD-ROM)も添えた紹介状の作成をしております。(保険診療)

●また、手術などの治療開始までの期間に、術後経過の改善や化学療法・放射線療法の副作用の軽減が期待できる自由診療(点滴療法など)もご用意しております。
詳細はご相談ください。